読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はこにくみ

細く長く続けられるブログにしたいと思います。

実践したい!幸福な結婚生活を送る4つのポイント

f:id:haco2kumi:20170108103315j:image

 

『いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる最高の子育てベスト55』によると、幸福な結婚生活を送るには、対立時のポジティブな対応がポイントなのだそうです。自分を弁護したりネガティブな発言をするのではなく、相手の敬意や興味をさりげなく示すということこそが、対立した時にとるべき立場だということです。

 

先日産後クライシスのニュースを記事を見たばかりだったので、今後どのように自分が振る舞うべきか勉強になります。ありがたいことに、今はとても幸せな毎日を過ごしていますが、これが無条件に10年後20年後も続くとは考えられません。何かしらの努力や、コツを見つけながら、より良い家族のあり方を身につけていきたいです。

 

〜〜〜以下引用〜〜〜

●「コレ」だけ守れば、仲良くいられる

 結婚研究家のジョン・ゴットマンが言うには、結婚生活においてポジティブな交流(触れ合い、笑顔、ほめ言葉など)を、ネガティブな交流よりも多く持つことです。

 

 ゴットマンは、35年の研究を集約すると、「幸福な結婚生活を送るカップル」には次の特徴があると言います。

・仲の良い友人のように振る舞う
・対立したときに、穏やかにポジティブに対処する
・口論のネガティブなやりとりを後から修復する
・ネガティブな感情を完全燃焼させる

 

●こんな夫婦は、平均6年以内に離婚する

 逆に、以下の4つの言動を日常的にくり返すカップルは、平均5.5年以内に離婚することがわかっています。

(1)批判

 パートナーの欠点について、不満を述べる。
「あなたはいつも散らかして、私に片付けさせるのね。どうしてそんなにだらしないの?」(改善例:「一緒にお皿洗いをしてくれたら嬉しいな」)

(2)軽蔑

 相手がまったくのダメ人間であるような、見下した言い方をする。
「ダメよ、そんなやり方!」

(3)防御

 責任を否定する(「私だったら、そんなことしないけれど……」「あなたがそんなことをしなければ……」)。

 コントロールできない状況を非難する。
 責められるとパートナーの不満を受け止めずに即座に自己弁護をする(「あなただって完璧な人間じゃないでしょ」)。

(4)妨害

 聞いていることを示す合図(うなずく、「うん、うん」「それで?」などの相づち)をせずに、石のように黙っている。

 ジョン・ゴットマンいわく、「(結婚の達人は)自己弁護したり傷ついたりする代わりに、ケンカの最中にも愛情や相手への強い関心、敬意をさりげなく示します」。

 対立を避けるのではなく、上手に扱うことが、円満な結婚生活につながります。これは、子どもとの関係にも同じことが言えます。

 

ダイヤモンドオンライン「いつも○○を言っている夫婦は、6年以内に離婚する」

https://dot.asahi.com/dol/2016121900148.html?page=1