読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はこにくみ

細く長く続けられるブログにしたいと思います。

生後15日目 病院からの電話

ようやく落ち着いて来たのでブログ更新再開します!

 

真夜中に突然破水して、緊急帝王切開のうえ無事に出産が完了したのが2/21。

痛みとの戦いで歩くこともままならなかった数日間を経て、母子同室開始。

そして退院し、本日6日目を迎えました。

 

第一子のため他とは比べようがありませんが、比較的よく寝てくれる赤ちゃんです。

おっぱい前のグズグズは、おならが出てスッキリしたら落ち着くことも判明しました。

うんちやおならをするために顔をを真っ赤にして泣く赤ちゃん。

何もしてあげられないのがもどかしいけど、おならが出るたびにうれしい気持ちになります。

産院で勧められた「3つの乳酸菌」というサプリを飲むと、赤ちゃんのアレルギー予防やお通じにも効くのだそう。

ちょっと迷ったけどさっきAmazonでポチりました。

 

さて、先ほど病院から着信アリ

代謝検査で異常となった場合、電話で連絡があると聞いていたので、もうドッキドキ。

冷静になるように自分に言い聞かせて、折り返し電話をしてみました。

電話が繋がり窓口の方が一言。

「診断書できたので受け取りに来てください」

なーんだ、とホッとしました。

 

異常という数値が出ても再検査、その上でまだ数値が基準値以上のときは、治療方法が確立されていると説明を受けていた先天性代謝異常の検査の話でした。

応募しました!馬油シートマスク

f:id:haco2kumi:20161230233915j:image

 シートマスクは好きですが、なかなか毎日使用することはないような気がします。

今回のモニターでは32枚入りの馬油シートマスクが手に入るので、気兼ねなく毎日続けることができそうです。

 

明色の馬油シートマスクモニター

1/31まで受付中

http://www.meishoku.co.jp/sp/

映画見ました!西の魔女が死んだ

f:id:haco2kumi:20161111121507j:plain

人には見せたくないもの。人は大人になろうとするときそういうものがどんどん増えていく。私自身にも、暗闇の中でもがくような気持ちで過ごしたどん底の日々がある。主人公のマイは、とあるきっかけで登校拒否になり、しばらく田舎のおばあちゃんの家で過ごすことになる。おばあちゃんは英語教師として来日したイギリス人だった。これは、イギリス人のおばあちゃんと登校拒否のマイとが一ヶ月だけ一緒に過ごした日々についての物語である。

ここで過ごすうち、実はマイは超能力を持つ家系に生まれたことを知る。魔女になるためには、精神力を鍛える必要があると知り、静かな魔女修行が始まった。早寝早起き、食事をきちんととってよく運動し、規則正しい生活をする。単純なように見えること、でもこれはマイに取って一番難しいことでもある。魔女になるために一番大切なことは意思の力、自分で決める力、やり遂げる力。この力は、難しいことを乗り越えないと手に入らないかもしれない、そう教わった。

滞在していくうちに、どんどん心地よくなっていくこの家。お気に入りの場所を「マイサンクチュアリ」と呼んだり、夢わすれな草と白い花に名付けたり、穏やかな日々を過ごす。イギリスで占い師をしている優秀な妹や、自家製のかりん酒を飲みに立ち寄って話をする郵便屋さん、あたたかい人たちに囲まれていた。魔女修行も少しずつ進み、大切なことは、物事の正しい方向をキャッチするアンテナと、何事も自分で決める力なのだと教わった。

鶏が夜に教われたとき、マイは隣に住むギンジさんの家の犬の仕業だと決めつけた。直感に取り付かれ、自分の思っていることが真実だと主張する。でも、あまり上等ではない魔女たちはそうやって自滅していった。正しいかも、そうじゃないかもしれない。今マイの心の中が疑惑とか憎悪とかでいっぱいになっているということを、おばあちゃんは指摘した。こうなると、疑惑が晴れても、また新しい疑惑が現れる。そういうエネルギーの動きはひどく人を疲れさせる。おばあちゃんはこんな事件が起きたあとの絶妙なフォローを怠らない。夜中に突然お菓子を焼きたくなることがあるのだと、そんなおばあちゃんはこの日の夜に、マイの部屋をお茶と焼きたてのお菓子を持って訪れた。マイがそうしたかったら、ここにずっといてもいい。学校や日常生活に戻らなくても。でも、マイの気持ちは違った。

あんな汚らしいやつ、もう死んじゃえばいいのに。近所のギンジさんに対して嫌悪感を抱くマイのことを、とうとうおばあちゃんは叩いてしまう。マイは幼い。でも、おばあちゃんもマイの言葉に動揺して感情を高ぶらせた瞬間だった。結局、その数日後にマイはここを離れる。次回この家に戻るのは二年後、おばあちゃんが亡くなったという知らせを受けてからだった。隣に住むギンジさんがぶっきらぼうに話しかける。「何か手伝うことがあったら言ってほしい。俺は出来が悪かったけど、おじいちゃんとおばあちゃんにはよくしてもらった」と。ここでマイは、ギンジさんが白い花を咲かせた野草のことをキュウリ草と呼んでいることを知る。かつてマイが夢わすれな草と名付けた草を見ながら、あれだけ嫌悪していたギンジさんと自分との共通点を見つけて過去を思い直したのだろうか。

「ニシノマジョカラヒガシノマジョへ

オバアチャンノタマシイダッシュツダイセイコウ」

まだ死んだことが無いから、魂が体から出て行ったあとのことは分からない。ある夜におばあちゃんはマイとこんな話をしていた。久々に訪れたおばあちゃんの家には、おばあちゃんが魔女として、最後の約束を果たしたことを告げるメッセージが残されていた。魔女って特別な名前をつけるとそのとたんに仰々しいものに感じられるけれど、こんな風に穏やかに暮らして、いつも変わらない、でも言葉の一つ一つに魂がこもっていて、周りから愛されているおばあちゃんって、きっとどこにでもいる。人は年をとっていくうちに、疑念や苦しみや安らぎの日々を積み重ねて、密かなパワーを持った魔女のような存在になっていくのではないだろうか。そんな存在は、小さな社会で生きている中学生のマイに取って、とても大きなものに見えたに違いない。大人になる過程において敏感なこの時期に、おばあちゃんと過ごした日々はかけがえの無いもの。この映画を見ているうちに、私も自分のおばあちゃんに会いにいきたくなった。

nishimajo.com

 

応募しました!ロゼット新商品モニター

f:id:haco2kumi:20161230231419j:image

 

ロゼットと言えば「ロゼット洗顔パスタ」で有名ですが、それ以外にも魅力的な商品がたくさんあるようです。

今回は拭き取りの乳液のモニターに応募してみました。拭き取り化粧水はよくあるけど、拭き取りの乳液はまだ使ったことないかもです。

 

ロゼット新商品モニター

1/15まで受付中

https://rosette.jp/u/campaign/mnt2017ss.php

やってみました!ひとりブレスト

f:id:haco2kumi:20170108104620j:image

 

ひとりブレスト、というWebサービスがあるというのを知って、試してみました。

使い方は、スマホでフリックをしてどんどん先に進めていき、出たお題に対して自分でメモを取るというものです。私はメモを取るのが面倒なので、Google keepに音声入力でアイデアを記録しました。

 

使ってみて感じたのは、ある程度企画が固まっているアイデアを練り込むのには良いのかな、というところでした。これから企画を出す段階では、なかなか答えづらい質問もあったのかなと。あとは、サービスや商品開発のブレストに特化した質問だと感じました。

 

とはいえ、サクサクと端的な質問が矢継ぎ早に表れるので、頭の体操にはなりました。今後必要なことがあったらまた使ってみたいです。

 

http://hitori.six1.jp/index.php

実践したい!幸福な結婚生活を送る4つのポイント

f:id:haco2kumi:20170108103315j:image

 

『いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる最高の子育てベスト55』によると、幸福な結婚生活を送るには、対立時のポジティブな対応がポイントなのだそうです。自分を弁護したりネガティブな発言をするのではなく、相手の敬意や興味をさりげなく示すということこそが、対立した時にとるべき立場だということです。

 

先日産後クライシスのニュースを記事を見たばかりだったので、今後どのように自分が振る舞うべきか勉強になります。ありがたいことに、今はとても幸せな毎日を過ごしていますが、これが無条件に10年後20年後も続くとは考えられません。何かしらの努力や、コツを見つけながら、より良い家族のあり方を身につけていきたいです。

 

〜〜〜以下引用〜〜〜

●「コレ」だけ守れば、仲良くいられる

 結婚研究家のジョン・ゴットマンが言うには、結婚生活においてポジティブな交流(触れ合い、笑顔、ほめ言葉など)を、ネガティブな交流よりも多く持つことです。

 

 ゴットマンは、35年の研究を集約すると、「幸福な結婚生活を送るカップル」には次の特徴があると言います。

・仲の良い友人のように振る舞う
・対立したときに、穏やかにポジティブに対処する
・口論のネガティブなやりとりを後から修復する
・ネガティブな感情を完全燃焼させる

 

●こんな夫婦は、平均6年以内に離婚する

 逆に、以下の4つの言動を日常的にくり返すカップルは、平均5.5年以内に離婚することがわかっています。

(1)批判

 パートナーの欠点について、不満を述べる。
「あなたはいつも散らかして、私に片付けさせるのね。どうしてそんなにだらしないの?」(改善例:「一緒にお皿洗いをしてくれたら嬉しいな」)

(2)軽蔑

 相手がまったくのダメ人間であるような、見下した言い方をする。
「ダメよ、そんなやり方!」

(3)防御

 責任を否定する(「私だったら、そんなことしないけれど……」「あなたがそんなことをしなければ……」)。

 コントロールできない状況を非難する。
 責められるとパートナーの不満を受け止めずに即座に自己弁護をする(「あなただって完璧な人間じゃないでしょ」)。

(4)妨害

 聞いていることを示す合図(うなずく、「うん、うん」「それで?」などの相づち)をせずに、石のように黙っている。

 ジョン・ゴットマンいわく、「(結婚の達人は)自己弁護したり傷ついたりする代わりに、ケンカの最中にも愛情や相手への強い関心、敬意をさりげなく示します」。

 対立を避けるのではなく、上手に扱うことが、円満な結婚生活につながります。これは、子どもとの関係にも同じことが言えます。

 

ダイヤモンドオンライン「いつも○○を言っている夫婦は、6年以内に離婚する」

https://dot.asahi.com/dol/2016121900148.html?page=1

当たりました!ビオレの洗顔ジェル

f:id:haco2kumi:20170107191825j:image 

 

おうちdeエステのマッサージジェル(サンプル)がもらえるキャンペーン。先日応募していたのをすっかり忘れていましたが、郵便が届いて棚ボタ気分でした。

 

肌にのせても質感がしっかりしているので使いやすく、洗い流すとツルツルするのにつっぱらなくて使いやすいと感じました。お店で見かけたら現品も買いたいと思います。

 

おうちdeエステ サンプルプレゼントキャンペーン

1/10まで受付中

 

f:id:haco2kumi:20161230225923j:image

http://biorespecial.com/aesthe/campaign/detail